エクステリアコラム

お問い合わせ

新着情報

チラシ情報

エクステリアコラム

展示場案内

選ばれる7つの理由

工事メニュー

exaplan.01 ガレージ・車庫まわり

exaplan.02 リ・ガーデン(お庭のリフォーム)

exaplan.03 テラス・デッキ

exaplan.04 外構工事

exaplan.05 物置・野外収納

exaplan.06 その他

エクアプラン岡崎が大切にしている事

会社案内

株式会社エクアプラン岡崎

〒444-2134
愛知県岡崎市大樹寺3丁目12-8
TEL.0564-83-8357
FAX.0564-83-9739

スタッフブログ

エクステリアコラム

2017/07/27

サンルーム・ガーデンルーム

●サンルームとは?

(写真:LIXIL サニージュ・土間収まり)

庭に隣接する窓に増築することで、室内にいながら太陽光を取り入れることのできる空間です。

リビングに太陽の光を取り込みたい、室内で洗濯物を干したい、ペットの遊び場としてのスペースが欲しい、といった方におすすめです。

リビングルームに隣接する形で設置するケースが多く、リフォームの際に増築する方が増えてきています。

枠が固定されているものをサンルーム、折戸パネルが全開閉可能なものをガーデンルームと呼ぶこともありますが、ほとんど同じ役割を果たすため、実際のところは明確には区別されていません。

 

(写真:LIXIL サニージュ・床収まり)

●造る際のポイント

まずは主に何を目的として造るかを考えましょう。それによってサンルームとガーデンルームのどちらにするか、大きさはどれくらいかが決まってきます。大きさは敷地の広さにもよりますが、例えば家族の憩いの場として使う予定ならばある程度の家具を置くスペースは必要になってきます。

続いてデザインですが、住宅との調和を取れるようなものにするべきでしょう。周りの景観とそぐわないデザインにすると浮いて見えてしまいます。主観的に考えすぎず、他の人の意見も聴いてみましょう。施工業者にパース図を見せてもらうことができれば直感的に完成後の見た目が分かります。

 

●一年中快適にサンルームを使うには…

夏場はどうしても暑くなってしまうサンルームですが、オプション品を使えば暑さをしのぐことができます。それは、壁・天井用の「日よけカーテン」です。これを設置することにより、外部からの熱を和らげることができます。さらに、室内のエアコンの冷気を外に逃げづらくさせてくれるので、夏場も快適に過ごすことができるんです!

(写真:LIXIL サニージュ・ハーフ囲い収まり)

ちょっとした工夫をすることで、季節を問わず快適に過ごすことができるので、「日よけカーテン」の設置をおすすめします。せっかく、サンルームを設置するなら一年中楽しめる空間にしたいですよね。

サンルームには、様々なメリット・デメリットがあります。しかし、上手に使うことで、デメリットをメリットに変えることが出来ます。自宅に「サンルーム」を!とお考えの方、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

 

記事作成:Mami

お問い合わせ

ページ上部へ